出産

新たな命の誕生に、世界でひとつだけのギフトを贈りませんか?

仲の良いご友人やお世話になっている方の出産には、何か喜ばれるものを贈りたいですよね。
新しい命の誕生を祝って、こちらのギフトはいかがでしょう?

たとえば… アクリル命名書

赤ちゃんの健やかな成長を願って贈られる、まさに人生最初のプレゼント。
アクリル仕様の特別なデザインにしてみませんか?

赤ちゃんの豆知識

赤ちゃんは生まれたばかりでも母親を認識している

 生まれたばかりの赤ちゃんには、わずかにぼんやり見えているくらいの視力しかありません。しかし一枚はお母さん、もう一枚は違う女性といったように二枚の顔写真を見せると、お母さんの写真をじっと見るそうです。これは、自分を守ってくれる母親を本能的に認識しているからだと言われています。

※諸説あります

出産の豆知識①

神様にとっても一大行事?

 日本最古の歴史書『古事記』によると、イザナミノミコトは国を生み、神を生み、そして日本を作り出したとあります。しかしイザナミは末っ子の火の神を産む際、病気になり亡くなってしまいます。日本初の妊婦は、自分の命と引換えに出産しました。古代から出産の大変さが伝えられています。いつの時代も出産は奇跡です。

※諸説あります

出産の豆知識②

二足歩行だから難産?

 妊娠時、安産を祈って十二支の戌の日に腹巻きを巻く。イヌのマスコットを飾る。
これらの習慣はイヌが安産なので、あやかりたいとういう願いからきています。
実は、イヌにかぎらず四足歩行の動物は安産で、お産に苦労するのは人間だけなのです。
生き物の進化とは興味深く不思議なものです。